読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのスタンス

敢えて苦手な球技に例えてしまうくらい、感情を揺さぶられてしまったのだけれど。

全力で振りかぶって投げないからこそ、遠くまで、そして、誰かの側まで届く、みたいな、球の投げ方もあるなあと思った。

肩の力がすっかり抜けたような自然体で軽やかに投げられた球は、スピードは出ないかもしれないけど、案外遠くまで、そして、ど真ん中に届く事がある。とても抽象的で、何を言っているのかという感じだけど、そういうふうに感じてしまった。整理して論理的に伝えることもできそうだけど、陳腐になりそうだから、このままにしておく。とにかく、感動したんですよね。そういう球が届いたことで。

これまでは、とにかく良いものを作りたいと、作れるようになりたいと、そればかり考えて来たけど、時にはそこから一歩引いて、スタンスとか、在り方とか、そういうことに意識を向けてみるのも良いものだと感じたりした。

僕は、まだまだ全力で振りかぶって投げている。まずは肩の力を抜いて投げられるようになりたいものだ。

誰かのスタンスに影響されながら、僕たちのものづくりは少しずつ変わっていく。多分、そういう事の繰り返しなんだろうな。