読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会の人

全国の新入社員の皆さん。社会へようこそ。

今日はエイプリルフールだけど、自分がいま直面しているこの出来事は嘘なの?それとも本当なの?明日からもずっとこれが続くの?マジなの?もし、そんな風に感じているのだとしたら、敢えて言っておくけど、これは現実です。頑張って慣れるしかありません。

卒業とか無いです。3年経っても4年経っても6年経っても、ずっと続きます。これから数十年はこんな感じじゃないかな。学年とかも無いです。毎年どんどん同級生が増えていくし、逆に、いい歳したおじさんも同級生だったりします。転校くらいはできます。もし、いまの環境に疑問を感じたら、検討してみても良いでしょう。

先生はいないので、自分で探すしかありません。とはいえ、誰もが何かしらの学びポイントを持ってたりするので、そういう意味では身の回りにいる様々な人が先生と言えるのかもしれない。自分の目利きで学びポイントを集めて、自分だけのカリキュラムを作り上げよう。それがあなたの個性であり、強みになっていくかもしれません。逆に、皆が学ばなきゃいけないと言っていることには、ちょっとだけ疑ってかかりましょう。ちょっと慣れてきたら、自分が先生になってみるのもいいけど、実力は過信しないように。謙虚さが大事です。

そんな感じで、学生時代とは勝手が違うことばかりだと思うけど、これはこれで楽しい事が沢山あります。要はこれからは全部自由だということです。やりたいことをやればいいし、やりたくないことはやらない自由がある。そういう毎日を過ごしていくうちに、何となく、仕事ってこういうことかもな、みたいな、自分なりのふわっとしたイメージが浮かんでくるようになるかもしれません。そして、あなたは、社会人になったばかりの若者にそういうことを語ったりして、ちょっと煩わしいとか思われたりするのでしょう。そう、今のこういう感じで。

まあ、何が言いたいかというと、いろいろあるけど社会人になってからの人生はとても楽しいです。あと、迷った時は楽しい方を選んだほうが良いし、たまにはリスク取っていきましょう。

先輩からは以上です。